受け口骨切りガイド

受け口を治しましょう

受け口の彼が骨切りをしたそうです

柔らかい物ばかり好む彼はその事が原因だったのかわかりませんが小学生の頃からだんだんと受け口になってきたと言っていました。親が特に心配していたみたいで、色んな対策をしていたみたいですが、全く効果が無かったようです。その事を彼と付き合って1年くらい経った時に言われました。全然気にする事はないとは思ったのですが、彼はとても気にしている様子でした。さらに骨切りの施術を受ける為に貯金をしているとまで言われました。それは本格的に悩んでいると思ったので、応援してあげる事にしました。後日お金が貯まったそうで、美容外科で施術をしてもらっていました。施術後はしばらく家でゆっくりとしていると言っていたので、遠くから見守る事にしていました。すると2週間後に連絡が来たので、会う事になり、別人かと思ったくらいカッコいい彼に変わっていました。

受け口がとても気になり骨切りをしてもらいました

小さい時から可愛いと言われていたので、特に顔にコンプレックスは無かったのですが、中学生になる頃に、年々顎が出てきている様な気がしてきました。そしていつの間にか自分は受け口なのかもしれいなと思う様になり、それからは自分の顔が気になる様になりました。親に相談すると、歯並びの問題かもしれないよと言われ近くの歯医者に行きましたが特に問題が無く、そのまま社会人になりました。そして友達が美容整形をしてとても美人になっている姿を見て、自分も一度カウンセリングしてもらおうと思う様になりました。口コミで調べてよさそうな美容外科に行き、相談すると受け口を骨切り手術する事によって改善される事もあると言われました。施術内容を聞くと、少し怖そうでしたが実際に受けると、全く怖く無く終える事が出来ました。人一倍顔が大きく感じていたのですが、施術後は人より顔が小さくなった気がしていて大満足です。

姉は受け口の為骨切りをしたそうです

姉は学生の頃からだんだんと受け口になってきて、社会人になった時に、美容整形したいと両親に言っていました。カウンセリングは既に受けてきている様で、後は費用を貯めると言っていました。両親は自分で責任持ってくれるなら、好きにしていいよと言い応援してあげていました。姉はそれから毎日一生懸命残業を頑張り、しっかり稼ぎ、給料の大半を貯金にしていました。そして一年後骨切り手術をしたそうです。当日は、全身麻酔の為母親も付き添いで行ったそうです。無事に手術を終え、姉は念願の顔になれたと言っていました。手術してから一か月経った時に姉に会うと、とても小さな顔になっていて、以前は似合わなかった帽子がとても似合っていました。顔だけではなくて、何だか性格まで明るくなっていたので、手術受けて良かったねと言うと、姉も満足している様でした。